測量

高度な測量技術で
大地を測り、地域社会に貢献します。

私たちは、道づくりや川づくりの計画・設計に必要な地形情報を、精度管理された測量機器で測り、
品質の高い成果を提供します。さらに、蓄積された豊富な経験と3Dレーザー・スキャナーを活用し、
複雑な地形や危険個所の測量にも取り組んでいます。

基準点測量(GPS測量)

GPS測量は、 GPS衛星を利用することにより、
従来の方法では困難な測量環境のもとでも能率的かつ高精度の測量を可能にする画期的な測量方法です。

  • 事業の必要性
  • 事業の妥当性

水準測量

デジタルレベルはバーコード標尺との組み合わせで高度差・距離を電子的に計測できるレベルで水準測量を行なっています。

地形測量
(TS地形測量、3D
レーザースキャナー)

人や車の動きの現状を把握するために、観光地・住民・事業者アンケート調査等を実施し、
道路の計画検討・整備効果検討等の基礎資料とします。

  • TS地形測量/トータルステーションを利用して地形を測定しデジタルデータを作成しています。

  • 3Dレーザースキャナー/複雑な地形や簡単に近づけない箇所等の調査で高精度・高速に計測が可能。
    3Dレーザースキャナーの詳細はこちら>>

応用測量
(路線測量、河川測量)

  • 路線測量/道道から市町村道に至るすべての道路を対象として、
    中心線、縦横断、作工物等のデジタルデータを作成しています。

  • 全ての河川を対象として改修計画に必要な河川法線・縦・横断、現況のデジタルデータを作成しています。