建設コンサルタント 株式会社開発調査研究所

構造物補修・補強設計

近年、長い間使用されてきた古い橋を、そのまま安全に使用し続けることが望まれています。 橋の機能を維持・改善あるいは向上させるために、補修・補強が必要であり、当社ではその設計を行っています。
多くの実績から得た補修・補強設計ノウハウを活用し、新しい橋は勿論のこと、長い間使用されてきた既設橋においても、延命化を図り長期間安全に使用できる技術を提供します。

 

橋梁補修設計

既設橋梁における「橋梁点検結果」と「長寿命化計画」に基づき、必要に応じて、「疲労」、「塩害」、「ASR」、さらには、北海道特有の「凍害」などに対する損傷状況の詳細な調査を実施し、幅広い知識に裏付けされた技術により適切な補修対策を立案し、橋梁の補修設計を実施します。

 

橋梁補修設計イメージ

 

補強設計

地震多発地帯である我国において強い地震動に対し、部材の座屈、破損メカニズムなどの解析から落橋防止装置などの橋梁の耐震補強を行う必要があります。また、大型車両の増加に伴う、床版などの補強設計が必要な橋梁も数多くあり、当社では多くの橋梁補強設計の実績を有していますので、確実に効果が発揮出来る補強を提案いたします。

 

補強設計イメージ

補強設計イメージ

 


主な業務内容