建設コンサルタント 株式会社開発調査研究所

道路整備事業の事業評価

今日の国および地方公共団体の財政事情は一層厳しさを増し、公共事業にも大きな影響を及ぼしているなか、道路事業の効率性や透明性が強く求められております。当社は各種事業評価資料作成業務で多くの実績があり、「将来交通量の予測」、「費用便益分析」、「定性・定量的資料作成」、「各種調査・解析」など業務全般を、技術力・総合力・経験により対応いたします。

 

将来交通量の予測

センサスやパーソントリップ調査に基づく自動車OD交通量を用い、将来推計目標年次における交通量配分を行います。

 

現況再現

現況OD交通量による配分計算を行い、現況の観測交通量と比較することにより、交通量配分モデルの妥当性を確保します。

 

将来交通量配分

将来OD交通量および現況再現で得た交通量配分モデルから、将来交通量配分を行います。

 

将来交通量予測結果の例イメージ

 

 


費用便益分析

費用便益分析マニュアル(H20国交省)に基づき『交通3便益』による費用便益分析を行うほか、必要に応じて『拡張便益』や『外部経済評価』の検討を行います。

 

計測する便益項目

  費用便益分析マニュアルに基づく『交通3便益』

    ・時間短縮便益

    ・経費減少便益

    ・交通事故減少便益

?  その他の便益項目

    ? 拡張便益

    ・騒音の低減

    ・CO2排出量の削減

    ・救急車のアクセス向上

    ・歩行者の移動サービス向上

    ・歩行者の時間短縮    など

    ? 外部経済評価

    ・仮想的市場評価法(CVM)

    ・ヘドニック法

    ・産業連関分析法     など

 

感度分析

算出した費用便益比に対し、交通量・事業費・事業期間の3要素が変動した場合の費用便益分析を行います。

 

 


?定性、定量的資料作成

関連地域の社会経済特性や交通特性を把握し、道路の果たすべき役割や機能等を考えて道路整備の必要性や整備効果項目を定性的評価、定量的評価の視点で整理します。

 

定性的評価の主なポイント

 

 1.事業の必要性  2.事業の妥当性  3.事業の緊急性

 

定性、定量的資料イメージ

定量的評価の主なポイント

 

1.渋滞損失時間  2.CO2排出削減量  3.Nox、SPM排出削減量

 

CO2排出削減量イメージ

 


主な業務内容