建設コンサルタント 株式会社開発調査研究所

地質リスクマネジメント

十分な地質調査結果に基づいた設計であったとしても、その地質モデルには常に不確実性が付き纏います。地質モデルの不確実性は、時として事業の工期・利潤・安全衛生・品質・適合性・環境保全等の事業コストに対し不利益な方向へ影響します。このような地質モデルの不確実性や、地質モデルの不確実性に影響を受ける事業損失を「地質リスク」と呼びます。

 

事業の構想/計画段階で地質リスクを抽出・評価し、着工前に対応方針を取り決めておくことが事業コストの縮減に有利となります。当社では、事前に把握出来ない地質リスクも含め、リスクの特定・分析・管理・対応(回避・低減・保有)等を提示し、着工前に発注者側と受注業者側が受け持つコスト負担の境界や基準を設定し、事業の様々な段階において工事の生産性向上と事業コストの縮減を目指した「地質リスクマネジメント」を提案することが出来ます。

 

事前調査で把握できないような局部的な地質脆弱部の分布が素因となり、施工中や施工後の維持管理段階で新たな地質リスクが発現し、結果的に莫大なコストを要する場合もあります。 当社では、新たに発現した地質リスクを分析し、地質リスク管理により、その現場に見合った形で必要最小限かつ効果的な事業コスト縮減方針を提案致します。

 

供用開始後に発生したのり面変状
供用開始後に発生したのり面変状
暫定施工中に生じた河床低下と護岸工変状
暫定施工中に生じた河床低下と護岸工変状

 

地質リスクマネジメントのイメージと効果
地質リスクマネジメントのイメージと効果

 


地質リスクマネジメント
 PDFファイル758KB
PDFファイルをご覧になるにはAdobe Reader(無料)が必要です。
パソコンにインストールされていない方は
こちらからダウンロードしてください。

 


主な業務内容

 


調査・解析技術